心の避暑地への旅

d0039059_149541.jpg
休日の今日は美術館のはしご。単身赴任の醍醐味を満喫!の日である。まずは以前から行ってみたかったヤマザキマザック美術館(http://www.mazak-art.com/)、そしてその後、愛知芸術文化センターに移動して、日本水彩展と白士展を観覧した。最後は名古屋駅の近くミッドランドスクエアまで行って、映画「インセプション」を観て帰ってきたが、その感想は次回で書きたい。
d0039059_2105614.jpg
ヤマザキマザック美術館では、主にフランス美術の系譜をたどった絵画、彫刻、家具・調度品、ガラス工芸品などを観ることができる。しかも、音声ガイド端末とヘッドホンをタダで貸し出してくれるので、自分だけの鑑賞に没頭でき、時代背景と作品のつながりもより深く理解することができた。
フランス美術というと、これまで華美過ぎる装飾と宗教臭さがベースにあるロココ調の絵画を嫌ってきたが、実際に作品をつぶさに眺めていると、絵の中の優美な女性たちの微笑みに恋愛感情さえ芽生えてきた。芸術も食わず嫌いではいけない、と反省。また、ロココからロマン主義、写実主義、モネやルノアール等の印象派を経てモディリアーニ、シャガール、ピカソに至る変遷を絵画を通じて追いながら、現代に至るまで人間の感性が反動の連続で養われてきたことや、印象派における色彩分割など芸術家が常に様々な技法の確立を試みてきたことなど、人類の無限の創造力にあらためて感動。最後には、俺の大好きなアールヌーボー時代を代表するエミール・ガレ、ドーム等の工芸品が沢山展示されていて、その生命のほとばしるデザインは俺の感性にビンビンと響いてくる。心の琴線に触れるとはまさにこのことだ。俺にとっての美術館巡りは、このような未知の宝を探す旅。そして、旅を終えた後の気分は、夏の軽井沢、由緒ある西洋建築のホテルで迎える朝のごとき清清しさで満ちている。
以上、名古屋戦線異常無し。
d0039059_2363085.jpg
d0039059_3171293.jpg
d0039059_2364447.jpg
d0039059_2393515.jpg

d0039059_2371898.jpg

d0039059_237326.jpg
d0039059_2374883.jpg
d0039059_2395450.jpg
d0039059_305372.jpg
d0039059_325993.jpg
d0039059_3101991.jpg
d0039059_311396.jpg
d0039059_381342.jpg
d0039059_313349.jpg
d0039059_314953.jpg
d0039059_332115.jpg

トラックバックURL : http://kaiseik.exblog.jp/tb/11614795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kaiseik | 2010-07-25 02:11 | 美術道 | Trackback | Comments(0)

東北戦線異状無し・・・メーデーメーデーっ


by kaiseik
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30