Inception

d0039059_11441765.jpg
今日も名古屋はあっちい(><)。予想最高気温は36度である。朝からどこまでエアコンをかけず居られるか上半身裸に短パンでチャレンジしているのだが、肩から粒のように汗が浮いてきている。マンションの七階角部屋で多少風が抜けていくが、もうそろそろ限界だ。

今日のように仙台に戻らない日曜日の午前は、部屋でお気に入りの番組「日曜美術館」を見るのがお約束。今日は尾形光琳の傑作10選で、もちろん同時録画を欠かさない。名古屋に来てから不動産屋に寄贈いただいたBDデッキが大活躍、録画した番組を見ると俺の興味の偏りがよく分かる。今のところお気に入りの番組はNHKの「日曜美術館」、「美の壺」、「トラッドジャパン」、「ギフト~E名言の世界~」、「NHK高校講座 英語Ⅰ」、「NHKスペシャル」、「歴史秘話ヒストリア」そして「リトルチャロ2」(汗)である。美術か英語、歴史がからんだ番組がほとんどで、それ以外の映画やスポーツは見たら消してしまう。こう考えると、いかに民放に面白いオリジナル番組が無いかがよく分かる。民放には、もう少し日本の文化や歴史にスポットライトをあてて欲しいものだ。
ところで、昨日はヤマザキマザック美術館の後、愛知芸術文化センターで日本水彩展と白士展、そしてさらに名古屋駅に移動して、初めてミッドランドスクエア(http://www.midland-square.jp/)で映画「Inception」を観た。愛知芸文に入る頃はちょうど気温がピークに達した時間で、まさに白い街名古屋を芸文の最上階から見下ろすことができた。※上の写真
d0039059_11445160.jpg

d0039059_12154386.jpg
d0039059_1216132.jpg
d0039059_12161542.jpg
d0039059_12165615.jpg
さて、「Inception(インセプション)」とは、いまテレビでも話題の、ディカプリオと渡辺謙が共演しているアノ映画である。ネタバレにならないように感想を言おう。舞台は夢の中の夢の中という入れ子の精神世界で、最初からしっかり見ておかないとそこが現実世界なのか夢世界、はたまたその下の夢の世界なのか分からなくなってくる。観ていて、なんか既視感を感じたが、なんだ以前観た「メメント」の監督ではないか(http://kaiseik.exblog.jp/929142)。おそらく監督にも最初からそういう狙いがあったのだろう、観客を混乱に陥れるトリックが何重にも仕組まれた巧妙な映画だ。そしてまた、それは夢への逃避を望む主人公に共感を植えつける。昔、テレビや映画に一瞬関連の無い画像を一枚挿入し潜在意識に植えつけるサブリミナル映像というものが問題視されたが、これはまさに観客の潜在意識に対する公然たる夢世界への誘いである。クリストファー・ノーラン監督は映画「ブレードランナー」に影響を受け、この映画でもリアリティの要素を重要視したとインタビューで述べていたが、夢の中での死や、夢世界の時間の流れなど、誰もが不思議だと思ってきた一種のリアリティ感覚がうまく利用され、物語をより面白く演出している。ただ、一部つじつまが合わない?と思わせるところもあり、先述した混乱させるストーリーを含めて、この映画の評価は分かれるところだと思う。俺は、こんな映画もあっていいよな、ある種とても面白い、と感じた。

さて、エアコンが効いてきた。午後からシャワーを浴びて外出、夜までスポーツクラブかな。
今日は運動で心と身体をリフレッシュしてこよう。
以上、名古屋戦線異常無し。
d0039059_1250585.jpg
d0039059_12511170.jpg

トラックバックURL : http://kaiseik.exblog.jp/tb/11616254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kaiseik | 2010-07-25 11:45 | 戦利品 | Trackback | Comments(0)

北海道戦線異状無し・・・メーデーメーデーっ


by kaiseik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30