古本屋にて五冊購入! 525円。

スポーツクラブの帰りにまた古本屋寄っちゃって・・・買っちゃいました、五冊も。
でも皆105円コーナーで選んだので、駄本で無ければ超お買い得。さて、同時並行で読み進めよう。

●「文章讀本 完」d0039059_21265036.jpg
  谷崎潤一郎 著
文豪谷崎氏が一般人向けに書いた日本語文章の書き方解説。大作家なのに素人にも分かり易く文章を書くコツを語っている。句読点の使い方など我々が学びきれてない事柄までよく書いてある。

●「青い鳥のゆくえ」
  五木寛之 著
メーテルリンクの「青い鳥」の物語は、実はおそろしく残酷なものだった。というところから、五木氏独特の幸福論に発展。d0039059_21274091.jpg

●「徳川慶喜家へようこそ」
  徳川慶朝 著
徳川慶喜のひ孫の慶朝氏が、徳川一族のその後を語る。

●「敗因の研究 決定版」
  日本経済新聞運動部 編 
「ドーハの悲劇」、シドニー五輪の篠原の敗北など、スポーツ界での敗北の背景や原因、選手の心理状態を取材してまとめた本。

●「父・夏目漱石」
  夏目伸六 著
漱石の次男 伸六氏が、父親漱石の知られざる姿を語っている。


秋の夜長は読むに限る。・・・しかし、読まなきゃなんない本が机にいっぱい積んであったっけ。まっいっかあ。

以上、東北戦線異常無し。

ところで、青と空の好きな人の集まり「青の会」の会員になった。先月発足したばかりのようで、会員番号は007番だった。

んで、メンバーのブログに行ってみたが皆素晴らしく綺麗な写真を撮ってる。プロ並みの人ばかりだ。それに反して俺のブログの写真は携帯電話で撮影したのがほとんどだし、写真の中の「青」は、なにかの合間に見え隠れする「青」やくすんだ空の「青」、ほんのワンポイントの「青」が多い。こんなんで「青の会」の会員になって良かったかな。

でも、とっておきの「青」がある。実は、ウチの次男の名前には「青」の字が入っているのだ! それも「晴」とか「清」とかの中途半端な文字じゃなく、blueの「青」だ。
俺のこだわり、わかるでしょ?

今日も○青くんは、元気いっぱいでブログに登場してくれた。
d0039059_22222994.jpg

トラックバックURL : http://kaiseik.exblog.jp/tb/1955868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uminomiti at 2005-10-09 23:34 x
kaiseikさん、コメントをありがとうございます。
早速、お邪魔しちゃいました☆
綺麗な色がたくさんあふれているブログなんですね~。
綴ってあるお話も、
じっくり読んで考えたい、
そんな勉強になる内容で・・・。

「青の会」も興味が惹かれました☆
探していってみます~。
by kaiseik | 2005-10-09 22:25 | 読書道 | Trackback | Comments(1)

北海道戦線異状無し・・・メーデーメーデーっ


by kaiseik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31