「なぜ生きる」 高森顕徹 監修 その1

d0039059_10361544.jpg俺が児童会館の図書室で発見し子どもそっちのけで読みハマッた本。シンプルに「なぜ生きる」。かなり分厚く内容も濃いので、この本については読み進めながら何回か感想を書いていきたい。貪り読みの俺がじっくり読みたいと思ったのは久しぶりだ。

この本では、人生の目的がなんであるか、なぜ苦難を乗り越えてまで生きなければならないかという人類最大の命題に対して、明快に答えをだした親鸞聖人の言葉から、今の時代の「生きる理由」を導いている。しかも、宇多田ヒカルや村上春樹など各界の最近の著名人の言葉を引用し、とても分かり易い言葉で書かれている。すごく読みやすい。ダイアナ妃の五回の自殺未遂など、センセーショナルな話題にもチョコチョコと言及して興味が尽きない。

俺がもし「なぜ生きるか?」と聞かれたら、「今俺は広大な人生の海を旅していて、これから新たに訪れる場所への好奇心があるから。」と答える。決してカッコつけてる訳じゃなく、純粋にそう思うから。だから人生の目的は?とあらためて聞かれれば、少し大げさだが「最終目的地のない、心の冒険」と言うだろう。これ以上の言い様があるだろうか?生きる意義や理由を問われたときには、プロセスや手段が目的になるってことが唯一許されると思う。

人生の海には、嵐の日もあるし晴れの日もある。潮の流れで自然と島に流れ着くことも。
この島に行き着いたら次はあの島と、次々と目的地を変えて行く旅は一見放浪に見えるが、実は全く違う。放浪はじきに帰る所があるから放浪というのだけれど、本当の心の冒険は帰るところなどどこにも無いのだ。かつての自分はどこにもいない。新しい、成長した自分がいるだけである。

まだ読み始めたところだが、親鸞聖人曰く「永遠の幸福に生かされることである」と言い切っている。永遠の幸福とは何であるか?大昔に生きていて悟りを開き、多くの人々の関心をもたれている彼の思想がどのようなものであるか知りたい。

以下に、プロローグに書かれている文章を引用した。

d0039059_1037919.jpg★「ママ、パパへ
わたしは いきていてもいみのない人げんです。わたしがいきていても みんながこまるだけです。  ママパパ長いあいだおせわになりました。なにもいわず わたしをしなせてください。わたしはじごくで みんなのことをみまもっています」

小学校二年の女の子の遺書である。
自殺の増加と低年齢化に、世のなか戸惑っている。科学や医学などは急進したが、人類の闇はますます深まっているといえよう。
「強く生きよ」と励ます本が相次いでベストセラーになっているが、「生きていても意味のない人間」と言われて、どんな説得が用意されているのだろうか。

「生きよ生きよ」と連呼されても、「人生は 食て寝て起きて クソたれて 子は親となる 子は親となる」「世の中の 娘が嫁と花咲いて カカアとしぼんで 婆と散りゆく」
禅僧・一休に人生の裸形を露出されると、むなしくこだまするだけである。

以上、東北戦線異常無し。

今日は冷たい小雨の降るどんよりした天気。朝から長男は模試を受けに行った。娘はもうすぐ塾の面談だ。休みだし暇だから、いつも嫁の行く面談に俺がいってみようかな。ジャージ姿で。

d0039059_10413171.jpg

トラックバックURL : http://kaiseik.exblog.jp/tb/1959108
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 性・宗教・メディア・倫理 at 2005-10-10 14:57
タイトル : 人生の意味と目的
 自分が生きることに何の意味があるのだろうと考えることは、多くの場合、それを見失ったと感じた時でしょう。  死ぬかもしれない病気にかかったり、打ち込んでいた仕事に失敗したり、というのは古典的な入信の動機と捉えられています。  私は、それらが入信のきっかけであることは非難されるものではないと思います。  宗教の立場からは、神や仏などの超越的存在による呼びかけともとれますし、その呼びかけに応えて新しい人生を歩むことが喜びとなることもあるでしょう。今まで考えなかったり、曖昧にすませてきた問題に正面...... more
Commented by emi at 2007-03-21 03:32 x
はじめまして。私も「人生の目的」「なぜ生きる」について、真剣に取り組んでいる一人です。私のブログhttp://whywhy.cocolog-nifty.com/も見にきてください。よかったら、メールもしませんか?
ブログのプロフィールから、送信できるようになっています。
by kaiseik | 2005-10-10 10:43 | 読書道 | Trackback(1) | Comments(1)

北海道戦線異状無し・・・メーデーメーデーっ


by kaiseik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31