薔薇の花言葉

d0039059_22224467.jpg

今日は曇り空の中、中野市一本木公園の「2009なかのバラまつり」に行ってきた。すでに開花のピークは過ぎていたが、それでも色鮮やかな庭園は、バラたちがその気品や艶やかさを競い合い、さながらファッションショーのようだった。俺には、バラたちがその色や形、香りによって、様々な女性に見えてくる。白やピンク、薄紫色のバラは可憐で純粋な少女。明るい赤やオレンジは、とても派手やかで大人に変わりつつある若い女性。そして、深紅や紫の「薔薇」は、成熟しつつも燃え上がるような情熱を秘めた大人の女性である。特にその中でも、赤いビロードのような光沢と濃い紅色の花びらをもつ薔薇は、外見の強さや気品、自己主張とプライドの裏側に、年齢を経るだけでは乗り越えられない精神的な脆さ、そして孤独感を併せ持つ。俺は、そんな深い紅色の薔薇が好きだ。

赤い薔薇の花言葉は「情熱、愛情・あなたを愛します」。
いつまでも、どんなときでも、燃えるような情熱や深い愛情を忘れないでいたい。
以上、長野戦線異常無し。
d0039059_2234981.jpg
d0039059_22482267.jpg
d0039059_2248469.jpg
d0039059_22491067.jpg
d0039059_095991.jpg
d0039059_232894.jpg
d0039059_2251830.jpg
d0039059_2325432.jpg
d0039059_2305919.jpg
d0039059_22512536.jpg
d0039059_2311014.jpg

トラックバックURL : http://kaiseik.exblog.jp/tb/9860771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by korokoro0195 at 2009-06-22 16:38 x
薔薇が女性なら、男性は何にたとえられるのか?
考えていました。
薔薇の傍らにたたずむ木立だろうか?
何だか違う気がする・・・

昨日、中之島の東洋陶磁美術館へ行っていて、
今朝、思いつきました。
「男性が花器であったらどうだろうか」と。
薔薇は花器を、花器は薔薇を、
互いに引き立てあう関係であれば理想的です。

by kaiseik | 2009-06-14 22:34 | 道をひらく | Trackback | Comments(1)

北海道戦線異状無し・・・メーデーメーデーっ


by kaiseik
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31