信州に溶けてゆく

d0039059_21112286.jpg

今日は午前11時頃から夜の20時近くまで、長野市内の某ホテルにて社会奉仕団体のイベント&パーティに参加した。北信地域各地の地元の名士100名余りがあつまり、バイオリンとピアノの演奏会や「癒し」をテーマにした講演などの後、全国の銘酒を集めてのパーティで大いに盛り上がった。俺も、小雨の降る外の寒さに反して、とても温かな一日を過ごすことができた。
パーティでは、俺の所属する長野市の団体がホスト役であったし、自分自身の人脈づくりにもつながるため、知らない方々に積極的にお酒を注ぎ話しかけた。そこで、ふと気づいたのだが、俺もこの信州に来てもうすぐ8ヶ月、いつしか信州人に対する抵抗感も無くなり、すんなりと彼らの中に溶け込めるようになった。本当に人間の順応性って不思議である。思えば、北海道から東北に転勤したときもこうだった。初めての転勤だったし、東北の方が方言がきついだけ会話には難儀をしたが、いつのまにかその壁を乗り越えて溶け込んでいたっけ。
d0039059_21121016.jpg
ただ、俺が本心から皆に溶け込めているかといえば、実はなんとも言えない。心のどこかで自ら壁をせっせと作っている自分がいる。これは、「内向的」という、いささかネガティブな一言で表現されるべきものなのか?いや、そんな一律に決め付けられるものではないだろう。なぜなら、仕事場での周囲の人の評価では、俺はどちらかと言うと「社交的」な部類に入れられているからである。どうも、俺が「笑顔」でいると、とても話しかけやすいらしい。
d0039059_11261142.jpg
俺は、自分で社交的だと思ったことは一度も無いのだが、そのように見えるのは何故だろう。
これまで、自分では仕事上で「別人格を演じている」と思い込んで、自らの心理分析から遠ざかってきたが、もしこの「社交性」も気ぐるみではなく俺の本性だとしたら、それはそれで素晴らしい能力なんだと思う。それに、人の性格も、様々な経験により成長していくものだと考えると、これからの人生も楽しくなってくるのではないか。大いなる未知の領域が自分の心の中にも広がっているのだから。
以上、長野戦線異常無し。
d0039059_21114828.jpg

トラックバックURL : https://kaiseik.exblog.jp/tb/8930744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kaiseik | 2008-11-16 21:12 | 勝利に向けて | Trackback | Comments(0)

北海道戦線異状無し・・・メーデーメーデーっ


by kaiseik
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31